業者に缶バッジを作ってもらうときは。

缶バッジを業者に依頼する場合、メールなどでデザインを送るかと思いますが、そのときは缶バッジの側面を気にしてデザインを送りましょう。
表面積だけ見て送っても缶バッジの半径を超えた、またはぎりぎりのデザインであれば途中で途切れてデザインされることもあり、ものによってはみっともない感じになるので気をつけましょう。
業者は缶バッジを作ってくれてもデザインまでは確認しないことが多く、中途半端に途切れたデザインの失敗作が出来上がったとしても、依頼主の要望とおりの数を作って送付するというのがありますので依頼主側が気をつけてデザインを送ってください。
缶バッジはデザインによっては不具合が出やすいものが多いです。
たとえば文字が小さいと鮮明に印刷されずに薄くわかりにくい感じになることがありますし、淡い色や分かり難い色は印刷のときに適応した色が無くて不明確なままの色になることがあります。
缶バッジをきれいに正確に作って欲しいのであればはっきりした色、文字の大きさ、デザインは側面を気にして作る、をすれば大抵は大丈夫なので心に留めておいてください。オリジナル缶バッジの|缶バッチ制作POTOM

Please donate some money for this author's hard work